スポンサーリンク

落ち着いた空間を作るための照明選びとは?

リフォーム
照明は周りを明るくすることが役割ですが、落ち着いた空間を作り出すためには少しの工夫が必要です。

エントランス

あまり明るさが必要ない玄関では建物の雰囲気を向上させるために暗さと明るさを対比させるように配置したり、低い位置から間接的に照らすことで段差を強調することもできます。またグリーンなどの後ろに置いてシルエットを際立たせたりすることも有効です。

寝室

寝室では本が読める程度の明るさと、刺激のない最低限の明るさの2種類があるといいですね。枕元には本を読むための照明を設置しつつ、部屋の入り口や低い位置に調光機能付きのライトを置くことで雰囲気アップにもつながります。

リビング

リビングルームはみんなが集まる空間のためできるだけ明るい方がよいですが、シーンによっても切り替ができるとなおよいです。天井から吊り下げるペンダントライト、天井を照らすアッパーライト、壁を照らすブラケットライトなど、複数の照明を組み合わせて明るいシーン、暗いシーンを演出できるようにすると用途が広がります。
リフォーム
スポンサーリンク
che51669をフォローする
アパート経営のはじめかた

コメント

タイトルとURLをコピーしました