スポンサーリンク

サイディングの違いによるメリット、デメリットを教えます

リフォーム

建物の外観を決めるサイディング、色々ありますね。

本記事ではサイディングの種類とそれぞれのメリット、デメリットを見ていきます。

サイディングの種類

窯業(ようぎょう)系

材質はセメント質、繊維質などを混ぜ合わせたものです。デザインが豊富で、サイディングというとほとんどが窯業系のことをさしています。窯業系サイディングは「柄×色」で選択します。

金属系

材質は金属ですがいくつか種類があります。アルミ、スチール、ステンレス、ガルバリウムなど。主な特徴としては窯業系と比べて材質が軽くなるため建物にかかる負担が少ない、耐久力が高いことでしょう。

[追記]ガルバリウムについて詳細に説明する。

木質系

天然の木に塗装を施した外壁材です。木の風合いが良く断熱性にも優れています。

 

サイディングの用途によるメリット・デメリット

サイディングが果たすべき機能を考えて見ます。

・デザイン性

・耐久性

外観の個性、清潔感を出すための機能性。汚れに対する防御性や機能を維持するための耐久性。

・費用感

それぞれの材質によっても価格差がありますが、大まかに

 

16mm〜32mm程度まで存在する。厚い方が丈夫で長持ち。

撥水をよくするためにコーティングされているものも販売されている。

通常は10年程度で再塗装が必要となって来るが、20年以上効果が持続するものもある。

費用対効果を考えて導入することも考慮する。

まとめ

サイディングの種類についてまとめました。

機能を長く保持するためにはそれなりの費用が必要となりますが、

 

リフォーム
スポンサーリンク
che51669をフォローする
アパート経営のはじめかた

コメント

タイトルとURLをコピーしました