賃貸でウォシュレットが故障したときはどうする?管理会社へ伝える3つのポイント

リフォーム
Alexas_Fotos / Pixabay

賃貸でウォシュレットが故障!
トイレは毎日使用するものなので使えなくなると大変ですよね。

そのようなときにどう対応すればよいのかをご紹介します。

スポンサーリンク

賃貸のウォシュレットが故障したときの対応

賃貸のウォシュレットが故障した時の対応は、

  • 部屋に備え付けの設備か
  • 自分で設置したものか

で大きく対応がかわります。

賃貸の部屋に備え付けの設備は借りて使っているのであって、あなたのものではありません。
当然、故障した時には賃貸の部屋の持ち主である大家さんが修理します。

逆にあなたが自分で設置したものが故障した場合は賃貸であってもあなたの持ち物です。
壊れたら自分で修理しなければなりません。

今の賃貸では大抵の部屋にウォシュレットが備え付けられています。
そのため故障したときは管理会社に連絡して修理してもらうことがほとんどでしょう。
しかし中にはウォシュレットを設置していない賃貸もあります。
そのような場合には自分で設置していることもあるかもしれません。

賃貸へ入居前からあるのか、入居後に自分で設置したのかによって故障したときの対応が変わります。

賃貸へ入居前からウォシュレットが設置されていた場合

入居前からウォシュレットが設置されていた場合、その設備は大家さんの持ち物です。
故障した場合も勝手に修理することはできないので、すみやかに管理会社へ連絡しましょう。

その際には、管理会社へ以下の3つのポイントを伝えると話しがスムーズです。

  • 発生した状況と原因(分かれば)
  • 写真(全体、部品の状況や型番)
  • トイレの便器、タンク、便座の型番

どこが壊れたかによって費用が大きく変わります。
また部屋に設置している部品の型番が分かると修理もスムーズにできます。

早く修理してもらうためにも、少しでも多くの情報を提供しましょう。

賃貸へ入居後に自分でウォシュレットに交換した場合

入居後に自分でウォシュレットに交換した場合、その設備は自分の持ち物です。
故障した場合は自分で修理する必要があるので、使用期間によって対応を考えましょう。

保証期間内に故障したのであれば、販売・設置元に交換してもらうことが可能です。
すみやかに連絡して対応しましょう。

保証期間が過ぎてしまった場合は自分で修理しなければなりませんが、火災保険の特約である「電気的・機械的特約」を付与していた場合は補償される可能性があります。

交換した時のレシートや見積書は必ず保存しておきましょう。

便座や便器、タンクが割れた、ひび割れした場合

便座や便器、タンクはプラスチックや陶器でできています。
故障することはありませんが、衝撃を与えると割れたりひびが入ったりします。
その場合は交換が必要なので、早急に管理会社へ連絡しましょう。

便座や便器、タンクは建物の一部なので、大家が加入している火災保険でカバーできる場合がほとんどです。
わざと破損させたものでない限り、不測かつ突発的な事故(破損・汚損など)とみなされるので、あなたが弁償することはないでしょう。

くれぐれも接着剤をつけて固定などはしないほうがいいです。
プラスチックや陶器では固着しないので、また割れてしまいます。
交換するしかありません。

水ぬれ、水もれが発生したときの対応

ウォシュレットの故障でトイレの床が水びたしになってしまうこともあります。
床を拭いて元どおりになれば問題ありませんが、床がめくれたり(水ぬれ)、最悪は下の階へもれて(水もれ)しまうこともあります。

そのような場合には床や天井の修理が必要になります。
少しくらい大丈夫だと思ってだまっていると、建物が傷んでしまいます。
困るのは退去時で、部屋の傷みを点検した時に発覚してしまうと大きな金額が発生してします。
すみやかに管理会社へ連絡しましょう。

問題は修繕の費用です。

水ぬれや水もれは床や天井の張替えが必要になるので、かなり高額になります。
しかしそんな時に役に立つのが火災保険。
再度確認しましょう。

水ぬれの場合は「借家人賠償責任保険(特約)」、水もれの場合は「個人賠償責任保険(特約)」でカバーできます。
詳しくは以下の記事をどうぞ。

賃貸アパートの火災保険を賢く選ぶコツ!補償内容、相場、比較方法をズバリ解説。
賃貸アパートの部屋を借りる時には必ず火災保険に加入します。 しかし不動産屋に言われるまま入っていませんか? 火災保険の相場を知らずに加入すると損しているかもしれませんよ。 私も以前は火災保険のことを全く考えておらず、不動産屋に言わ...

ウォシュレット一体型は高額!

ウォシュレットが故障したとき、自分で取り付けることもあるでしょう。
実はウォシュレットは思ったより高くありません。

ネットや家電量販店で見てもらうと分かりますが、安いものであれば1万円前半から手に入れることができます。

しかし全てのトイレに適合できるとは限りません。
一番問題となるのが便座と便器が一体型となっているものです。

よくあるのがこういうタイプ。

便器と便座がセットになっているので、別々に買うよりも導入費用は安くすみます。
しかし買い替えを考えるとあまりオススメできるものではありません。

なぜならば、便器は陶器でできているのでめったに壊れません。
それに比べて便座は電気機器なので、10年程度で故障してしまいます。
10年もたつと交換部品もなくなってしまうことが多いので、便座が故障したとしても結果的に便器ごと交換しなければならなくなってしまうのです。

こちらはTOTOの最高級モデルで、同様に一体型です。

かっこいいので思わず買ってしまいそうですが、後々のメンテナンス費用を考えて選びましょうね。

おわりに

賃貸でウォシュレットが故障した時の対応をご紹介しました。
何にしてもすみやかに管理会社へ連絡し対応することが大事です。

水ぬれや水もれも簡単に考えてはいけません。
ほっておくと建物が傷んでしまい、結果的に高額な費用がかかってしまいます。
すぐに対応すれば賃貸であっても火災保険で補償されるので、悩むことはありません。

また一体型のウォシュレットにも注意が必要です。
デザインや機能性で選ばれることもありますが、費用を考えるとあまりオススメできるものではありません。
便器と便座が別々の、スタンダードなタイプが安心ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました