スポンサーリンク

ワンルームマンション投資のはじめかた【コツコツ資産を殖やす】

オススメの不動産投資
MichaelGaida / Pixabay

不動産投資と言えば真っ先に思い浮かぶワンルームマンション投資。
あるマンションの一室のみ(区分)を買って賃貸する投資法です。

そのワンルームマンション投資は新築と中古それぞれどちらでもおこなえます。
しかし新築と中古では大きく特徴が異なるので、この記事では中古物件への投資に絞ってメリット・デメリットやリスクを考察します。

そして実際にワンルームマンション投資を成功させるためのやり方についてもご紹介していきます。

ワンルームマンション投資の詳しい内容について知りたい方はこちらの無料資料請求もどうぞ。

スポンサーリンク

ワンルームマンション投資の特徴

それではワンルームマンション投資の特徴を見ていきましょう。

少ない資金で始められる

中古のワンルームマンションは500万円くらいから購入できます。
さらに融資が使えるとすると頭金の1割を準備すればよく、50万円〜100万円あれば始めることができます。

一棟アパートなどは3,000万円から1億円という価格になるものも多いので、不動産投資を始めるハードルはかなり低いと言えます。

手間がかからない

不動産投資は基本的に管理会社に委託するので、それほど手間はかかりません。
しかし一棟アパートへの不動産投資では部屋ごとのクレーム対応の他に、建物全体の管理が必要です。

建物自体のメンテナンス、アパートの各種設備など、ある程度使用すると故障や破損が発生します。
一棟アパートだと全て自分で判断し、資金の調達や修繕を実施しなければならないので、調査や調整に結構時間が取られます。
その点ワンルームマンション投資では、マンション管理組合から委託されている管理会社が全て対応します。
毎月の管理費を納めていれば、あなたは建物に関して気にする必要はないのです。

部屋の設備の修繕、入居者の客付け対応だけをすればよいので、ほとんど片手間で済む作業量です。

中古だと価格の変動が少ない

投資用で新築のワンルームマンションも売り出されています。
入居者の客付けを考えると新築のワンルームマンションは魅力的ですが、価格がネックになります。

新築のワンルームマンションだと、原価に加え宣伝費や利益などが上乗せされているため、どうしても割高となります。
一般的には新築プレミアムとして3割は高めになっていると考えてよいでしょう。

その点中古ワンルームマンションだと、収益還元評価による実際の賃料に比例した価格で売買されています。

もちろん築年数によっても若干価格は変動しますが、築10年〜30年位まではあまり大きな価格の変動がないという特徴があります。

ワンルームマンションは利回りが高い

ワンルームマンションはファミリー向けに比べると利回りは高めです。

一般的に部屋が広ければ家賃は高くなりますが、部屋の広さと家賃は正比例しません。
例えば50㎡の2LDKマンションで家賃が15万円だっとして、25㎡のワンルームが半分の7万5千円になるかというと、9万円や10万円だったりします。

そのため投資用に提供されるマンションはワンルームが多く提供されています。
しかし都内ではワンルームマンションを制限する条例などもありますので、供給が限られ、家賃も高止まりする傾向にあります。

ワンルームマンション投資のメリット・デメリット

少ない資金で不動産投資を始められるワンルームマンション投資。
そのメリットとデメリットを見ていきましょう。

ワンルームマンション投資のメリット

ワンルームマンション投資には次のようなメリットがあります。

  • 少ない資金で不動産投資を始められる
  • 安定した収益が見込まれる
  • 生命保険、自分年金の効果が期待できる

少ない資金で不動産投資を始められる

ワンルームマンションは500万円くらいで購入できます。
さらに銀行から融資を受けることも可能なので、100万円もあれば不動産投資を始められるのです。

安定した収益が見込まれる

不動産投資は入居者が見つかると4年〜10年は安定して収益を生み出してくれます。
それはワンルームマンションも同様です。
ワンルームマンションだと入退去が短期間で発生するイメージですが、それでも2年間は入居しています。
私のアパートのワンルームでは20代〜40代のサラリーマンが多く入居していますが、長い人では10年ものあいだ住み続けてくれています。

生命保険、自分年金の効果が期待できる

ワンルームマンションを購入する場合は融資を使うことが多いのですが、その際にはほぼ団体信用生命保険をつけます。
この保険は借りた人が死亡した場合や高度障害状態になった場合、ローンの残額を肩代わりするものです。
通常の生命保険と同様の効果があり、無料の場合が多いので非常にメリットがあります。

さらにローンを全額返済できると入ってくる家賃はほとんど収入になるので、年金代わりにもなります。
ワンルームマンションを1つ持っていると7万円〜10万円の収入が期待できます。
ローンのないワンルームマンションを3つ持てれば生活に困ることは無くなるでしょう。

節税効果がある

不動産投資全般に言えることですが、ワンルームマンション投資には節税効果があります。

まずは所得税、住民税について。
所得税と住民税は所得によって税額が決まります。
つまり所得を低く抑えることができれば税額も低くなるのです。
不動産投資ではキャッシュフローを増やしつつ、所得を下げる効果がある「減価償却費」を多く使えます。
減価償却費を多く計上できる物件の場合、所得を赤字にすることが可能です。
不動産投資の赤字は他の所得と損益通算できるので、サラリーマンだと天引きで納付している所得税、住民税が還付されます。

アパート経営に必須の知識。減価償却で節税して手元にキャッシュを残す方法。
サラリーマンこそ不動産投資をしたほうがいいと言われる理由は2つあります。 一つは安定した副収入、もう一つは節税。 サラリーマンが減価償却費をうまく使って節税できると、所得税以外にも住民税や健康保険料も下がるためです。 この記事では...

さらに一番の節税効果が期待できるのが相続税です。
相続財産が現金ではなく不動産の場合、次の方法で価格が決められます。

  • 土地は路線価
  • 建物は固定資産税評価額

これらの評価方法で不動産の価格を算出すると実売価格の50%〜70%になります。
そのため現金で相続するよりも相続税を低く抑えることができるのです。

ワンルームマンション投資のデメリット

しかしワンルームマンション投資には次のようなデメリットもあります。

  • 不動産貸付業としてのリスクがある
  • 資産価値が下がって売却価格が想定よりも低くなる
  • 急激に賃貸需要が低下して空室になる

不動産貸付業としてのリスクがある

不動産投資は投資といっても実際は事業です。
部屋の維持・管理、入居者の募集、クレームの対応などの作業が発生します。
実際の作業は管理会社が対応するとしても、最終的な判断はあなたがおこなわなければなりません。

その際には費用が発生することや、思いどおりに入居者が見つからないこともあります。
これら全てを淡々と対応していく必要があります。

資産価値が下がって売却価格が想定よりも低くなる

マンションは年数が経過するとともに資産価値が下がっていきます。
当然買う時には売却時の価格も想定しておくものですが、売却時の市況によっては大幅に低くなってしまうこともあります。

それでもローンが全て返済できる金額であればよいのですが、ローンの残額よりも少ないと自己資金が必要になってしまいます。

急激に賃貸需要が低下して空室になる

不動産投資は株式投資などと違って急激な価格変動は少ないのですが、周りの施設の状況によっては賃貸需要が変化してしまうこともあります。

そうなる前に売り抜けることができればいいのですが、金融投資と異なり売却にも時間がかかります。

他の投資方法とワンルームマンション投資を比べてみる

どの投資方法にもメリットがありデメリットがあります。
ワンルームマンション投資も同様で、他の投資方法と組み合わせて使うと効果を発揮することもあるのです。

他の投資方法とメリットとデメリットを比較した記事をご紹介します。

中古ワンルームと1棟木造アパートの投資比較【メリットとデメリット】
不動産投資で悩むのが中古ワンルーム投資と1棟アパート投資の選択。 自分の投資スタイルによってどちらが最適かが異なります。 私は1棟アパート投資を選択したものの、不動産投資にかける作業時間が本業の合間ですまなくなってしまったので専業と...
資産運用におすすめなのは株?不動産?【メリットとデメリット】
昔から資産運用といえば株式、債券、不動産があげられます。 それぞれメリット・デメリットがあり、互いに補完する要素があり組み合わせて投資することで安全に資産を殖やせます。 その中でも資産運用として一般的に知られている株式投資と、あ...

ワンルームマンション投資のリスク

ワンルームマンション投資は安定感のある投資法ですが、それでも考慮すべきいくつかのリスクがあります。

事前にリスクを想定して対策しておくことで、安定した収益を生み出すことができます。

空室リスク

需要のある地域を狙ってワンルームマンションを購入したとしても、入居者の退去は必ず発生します。
また周辺施設の状況変化によって需要が少なくなってしまうこともあります。

部屋の魅力をあげる、家賃を適正に変更する、不動産業者への営業を強化するなど、自分で考えて対策をしていかなければなりません。

金利上昇リスク

ここ30年くらい低金利が定着していて、金利が上昇するという感覚が薄れてきています。
不動産投資用のローンは住宅ローンと異なり金利が高いのですが、それでも3%程度です。

しかし3,000万円の借り入れをしている場合、金利が1%上昇すると年間30万円もの経費が余分に必要となってしまいます。

売却リスク

不動産投資は金融投資の対象である株式や債券などと比べると流動性が非常に低いと言えます。
売却価格が適正だとしても、買い手がつくまで1ヶ月〜3ヶ月程度はかかるのが普通です。
売り急ぐと足元を見られ、想定している売却価格よりも低くなってしまうことも。

売却時期を計画的に決め、じっくりと取り組むことが重要です。

災害リスク

不動産投資では火災、地震など、建物が損傷して使えなくなったり、修繕費用が高額になったりという災害リスクがあります。

これらのリスクをカバーするために火災保険を利用します。

しかし1棟アパートによる不動産投資と異なり、ワンルームマンションでは共有部の損壊はマンション管理組合で修繕します。
そのため、想定されるリスクは部屋の内装や設備に限られます。

これらも建物と同様に火災保険でカバーできます。

滞納リスク

毎月安定的に家賃収入の期待できる不動産投資ですが、入居者の経済状況の変化によっては家賃が滞納されるリスクがあります。

日本の法律では家賃を滞納したからと言ってもすぐに退去させることはできません。
最悪、半年間家賃収入が入ってこないということもあります。

そのようなリスクに備えるため、最近では家賃保証会社を利用することが多くなってきました。

ワンルームマンション投資はこのような方に向いている

このように少ない資金で始めることができ、手間がかからず、利回りのよいワンルームマンション投資ですが、次のような方に向いていると言えるでしょう。

  • サラリーマンなどの本業をやりつつ資産を構築したい
  • 金融投資の他に分散投資として不動産投資を始めたい
  • 1棟アパートを買うほどの資金はないが、不動産投資を始めたい

ワンルームマンション投資の詳しい内容について知りたい方はこちらの無料資料請求もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました